パンツ屋社長の経営日記~そこにビジョンはあるのかい?~

その時々の想いや出来事を綴りたいと思います。

初見3秒の獲得

視覚から得た情報は脳内で秒速のスピードで瞬く間に処理され、判断・実行という形でアウトプットされる。

 

この思考回路のインプットからアウトプットに流れる一連の流れの中で、インプットされた対象情報に対して興味があるか、無いかの判断を我々は一瞬で行います。

 

あらゆるモノや情報が溢れる中で判断処理速度を上げる事は時間的ロスによるマイナスコストを回避し、興味が湧き有益な情報のみ注視する。莫大な情報の処理を行う上で不必要な情報は本能的に回避する様に脳は設計されています。…多分。

 

瞬時に判断するザッピングによる視覚情報は論理よりも感性が勝るのではないでしょうか。

 

あなたがもしショッピングに出向き、何か感性に触れる商品を探しザッピングしている時、流れるように『興味のある・なし』を判断しているのではないでしょうか?

 

1点1点数十秒かけて思考に問いかけ、『興味のある・なし』の判断に貴重な時間を費やすことなどありません。

 

思考の中に存在するあなたの好きな色・素材・形、趣味嗜好のベースとなっているその感性はそれらを一瞬で判断するはずです。

 

多くの方は、それに『興味のある・なし』の判断を初見3秒程で判断されているのではないでしょうか。

 

車や不動産など、高額である程度選択肢が限られている情報の判断には感性にも加えて論理の要素が重要となり時間をも費やします。

 

名もない誰も知らない無名ブランドが、ユーザーに興味を持って頂くにはこの『初見3秒の感性による判断』をまずは取らなければなりません。

 

そんなこんなで僕はパッケージにもこだわり差別化を図っています。同質化されている下着のパッケージはこだわるべき。コンセプトに基づいたブランドメッセージをキャッチ-なパッケージでデザイン・表現する。

 

これらも妥協せずにしっかりと表現する事で、その『ブランドらしさ』という形でブランディングの重要な要素となる気がします。…多分。

 

まずは手に取って頂く、商品を知って頂くのはその後なのだから。

 

f:id:shingo05031016:20181105203632j:plain

 

f:id:shingo05031016:20181105204021j:plain

 

 ちなみにこのパッケージは組み立てから商品納入までかなりの手間が発生するシロモノなので、1点1点魂を込めて最終納入を自社で行っています。

 

f:id:shingo05031016:20181108223106j:image


f:id:shingo05031016:20181108223103j:image


f:id:shingo05031016:20181110081609j:image

 

f:id:shingo05031016:20181110081659j:image

 

そう、一日に納入できる枚数に限度があります。

 

f:id:shingo05031016:20181108223311j:image

 

残念です。

 

f:id:shingo05031016:20181110081117j:image

 

記憶のデータベースに存在する好き・嫌いの感性は、思考に記憶された経験則から得た情報によって概念が形成されている。

 

感性とリンクするものとはつまるところ、記憶のどこかに存在する1ページの情報にアプローチするという事なのかもしれない。

 

 

 

Adelbelz (アデルベルツ) 公式 | メンズボクサーパンツブランド、日本製男性下着

 

ボクサーパンツ プレゼントにもおすすめの国産メンズ下着