パンツ屋社長の経営日記~そこにビジョンはあるのかい?~

その時々の想いや出来事を綴りたいと思います。

お久しぶり

さて、2020年も、もう10月。

 

コロナに対する概念も、そろそろ慣れとある程度の解釈が国内では定着してきた感じがする。

 

アフターコロナでマスクがドレスコートに組み込まれ定着し、利便性の高いファッションアイテムとして今後も普及するのかという所。

 

そんな事を感じながらも、、


自分自身まだ想定の3%位しか実現出来ていない現実と日々向気合うのは、意外とタフだったりもする。


しかしながら、必ずその時まで耐えしのぐメンタルは持ち合わせている。


ブレる事はないぞ、諦めろ、目の前の壁よ。

 

死んでも何とかしてやるよ。

 

と、言ってみる。


当初、7月販売予定だった商品は何とか9月末販売となった。

 

色々と問題がね。。。


12月上旬予定の再販分も何とかしないと。


品質が厳しすぎるという理由で、土壇場で工場を変えないといけないという事態にもなった。


土壇場過ぎる展開だ。


大幅なコストアップ。


倒産の危機。


それでもやるしかない。


お客さんが待っている。


他にはない、オンリーワンを求めて。

 

 

adelbelz.jp

 

左顔がBAN

2020年が始まりもう2月中旬な今日この頃。
 
新年早々から色々と慌ただしい日々の中、突発的に僕の左顔面がBANした。
 
年明けから1歳半の次男坊が突発性発疹にかかり、治ったと思いきや次はRMウィルスにかかる。
 
僕は単身大阪で仕事をしているので、何かあると家族の元へ帰っている。
 
次男坊の症状も収まりかけた頃、次は嫁がRMウィルスに。
 
そして併発して中耳炎でダウンした。
 
普段、子供達3人の世話を1人でしている嫁の疲労も相当だろうと思う。
 
やはり家族は一緒に居るべきだとつくづく痛感。
 
そりゃそーだ。
 
嫁の看病と子供達の世話をしながら思う事、
 
家族っていいよね。
 
そして、なんだか申し訳ない。
 
本当に。
 
これは離れて暮らすとつくづく想う事。
 
普段1人で仕事をしている僕にとって、孤独との戦いもまたそこには存在する。
 
そして次に、長男が学校でトラブルを起こしてくれたのでその対応。
 
思春期の長男君はヤンチャである。
 
しかししっかりと向き合い話合いをする。
 
男同士、腹を割って話をする。
 
というより、話を聞く。
 
ダメだよと説教しながらも、我が子は可愛いので何故か頭を撫でて「お前の味方だよ」と擁護する。
 
そして、僕が嫁に怒られる。
 
ただ、「ママを泣かすと許さないよ?」と警告はしておく。
 
抑止は必要だ。
 
事が落ち着き、大阪に戻ると親父の検査入院に対応。
 
親父は8年前に不慮の事故によって大怪我をした。
 
命に関わる大怪我、その時の後遺症と向き合いながら日々暮らしている。
 
僕にとって親父は特別すぎる存在。
 
また親父の話はどこかで記そう。
 
そして、そこから2〜3日後。
 
なんだか左耳周辺に違和感を感じた。
 
その違和感は痛みに変わり、次の日には左顔面の感覚がおかしくなる。
 
こいつは、何だかヤバい予感がする。
 
左顔面が動かない。
 
ピクリともしない。
 
左顔面神経麻痺。
 
通称ベル麻痺。
 
頭蓋の側頭骨の中にある顔面神経管という細い骨のトンネルの中を通り、耳たぶの奥の方にある茎乳突孔から側頭骨を出て、さらに耳の前にある耳下腺の間を貫いて顔面を動かす表情筋に分布。
 
この顔面神経核から表情筋の経路のどこかが障害されると、表情筋を動かす信号が入ってこなくなるために、表情が麻痺してしまうらしい。
 
顔面神経が何らかのウィルス感染により炎症を起こし神経障害を引き起こしている。
 
医学的にも詳しい原因はエビデンスが無い為、一概にこれとは言えないらしいのだけども、一般的にはストレスや免疫力の低下が主な原因だと。
 
なんてこった。
 
このタイミングか、非常に何かと厳しいこの時期に。
 
まぁでも起きた事は仕方がない。
 
9日間のプレドニンステロイド点滴投与。
 
 
それでもやるべき事はやらねばならない。
 
当たり前だけども。
 
血液検査を行いウィルスの詳細、発症後10日目頃の電子生理学検査・誘発筋電図検査の結果では検測値42%で予後は良好に回復するだろうという見込みで一先ずはほっとした。
 
誘発筋電図検査とは顔面神経に微量の電流を流し神経の反応を確認するというもの。
 
通常100%の神経反応に対しての神経麻痺の検測値を測り、予後回復度合いの見込を測定する。
 
なるほど、と関心しながらも西洋医学・人類の英知に感謝した。
 
医療従事者をリスペクト。
 
とにかく顔面の速やかな回復を願う今日この頃です。
 
 
 
 

リピーター様

昨日、2度目の購入となるリピーターのお客様から1度の購入で最高記録となる20枚を購入された。

 

2週間程前に新規で購入され、リピートで数枚買われるという事はあるがこの枚数は初体験。

 

何せ男性下着としては単価がすこぶる高いので、2枚購入でも万を超えてくる。

 

他がやらないこだわりを追求、さらにロットがミニマムなので原価も跳ね上がる。一般的に百貨店に並んでいるブランド達の倍の原価率。

 

個人なヒヤリングではインナーの卸販売ブランドは大体平均で20%未満が一般的な原価率。

 

ユニクロのような自社販売をメインに収益を上げるブランドは原価率も高い。

 

自社販売で収益を担保できているブランドは原価率にも帰属する。

 

もちろん原価率が高い=お得で良い商品という事では決して無い。

 

いかに原価を下げるか、という企業努力や戦略を抜きに単純には語れない。

 

販売能力が無ければ集客力のあるプラットホームでの販売、そには必ず販売手数料が存在するのでそこも踏まえた売値設計がされる事となる。

 

目指す販売価格に対して利益を担保する為の原価設計。

 

例えばマーケットでの売れ筋に合わせた販売価格が1000円迄がアッパーの場合、原価率20%で生産したければ原価200円で生産しなければならない。

 

売れ筋商品を原価を下げて品質を保ちながら生産開発するという工程が、各社の企業努力の中なされる。

 

こうなると出来上がる商品のほとんどが、妥協の産物でもあるというのもまた事実。

 

この手の話はよく現場間で聞いてきた。

 

実際の所、マスマーケットでは一番重要なのは価格であり、在庫を抱える以上リスクの高い商品の生産開発など着手しない。

 

皆、似たものを追いかける。

 

良い商品と売れる商品は別という話。

 

確かにそりゃそうだ。

 

安価生産の競争構造は必ずどこかにしわ寄せが発生する。

 

安価競争などクソくらえなので、そこのマーケットには興味も無いですが。

 

それは大手がやれば良いこと。

 

話が逸れましたが、リーピートの話へ戻ります。

 

やはり新規購入の場合、EC等では直接触れて確認出来ない分、見知らぬ商品や情報の無い商品に関しては購入障壁は高いのが事実。

 

何かを買うという行為には、そこには必ず購入動機が必要となる。

 

よっぽどの話題商品にならない限り、新規顧客獲得の為の購入動機の紐付けにはそれなりのコストが掛かる。

 

リピートでの購入は本当に嬉しい。

 

お客様が消費したコストに対して、獲得出来た『感情の満たし』がその消費コストを超えたという事。

 

いわゆる顧客満足度

 

仮に消費コストが100の場合、獲得出来た感情の満たしが80であればリピートには繋がらない。※生活していく上で無くてはならないサービスやモノに関しては別のはなしです

 

消費コストを超える感情の満たしこそが付加価値の本質であり、何かのサービスを提供する上では一番重要な事。

 

消費コストの対価が感情を満たす体験であるかどうか。

 

コストには様々なコストがある。

 

時間的コスト

労力的コスト

資本的コスト

 

消費したコストに対して、満足して頂けたという結果が明確に分かるのがリピーター様。

 

市場によって変わり得るのでリピート要因は一概には語れないけれど、物販に置いては単純にも明確。

 

リピートとは、

 

感情の満たし − 消費コスト

 

で決まる。

 

本当に有難くもあり、嬉しい限りだ。

 

そして今回も新規コンタクトで満足して頂けたので、大量購入という形となったのだろう。

 

本当に嬉しい瞬間だ。

 

顔には出さないが心の中では『またのご来店を!!』である。

 

店は無いけど。

 

一人一人のお客様を大切にし、ブランドの価値を追求する。

 

何も無い土壌で小さな種から育み、一歩ずつ、少しずつ花を咲かせていく道のりに近道なんて無いんだよ。

 

f:id:shingo05031016:20191023204300j:image

 

たかいたかーい。

 

 

adelbelz.jp

 

 

 

 

 

ですよね。

そーいえば先日、関西の特定地域に配布されるこの情報紙のプレゼント企画に参加した。

 

f:id:shingo05031016:20191014135617j:image

 

日経折込に11万部配布されるらしい。

 

聞いたことも見たことも無い情報紙だけど。

 

f:id:shingo05031016:20191014135617j:image

 

こんな感じで。

 

広告代理店からの営業で、まったくやる気はなかったんだけど営業の人から懇願され実施した。

 

もはや担当の営業の子の為に。

 

もちろんこの手の掲載は費用が発生する。

 

期待はしていなかったものの、11万部配布との事で多少なりともプロモーション効果としてECでのトラフィックやCVがどの程度の反応があるのかな?と思ったが、やはり効果はビビる位に皆無だった。

 

まぁそうですよね。

 

プレゼント企画だしね。

 

費用対効果爆死の案件を経験した。

 

雑誌の場合、ターゲット層や媒体にもよるけど効果はどの程度なんだろう。

 

それでもリアルタイムで編集が効かない、細かな結果の解析が出来ないという所と、パッケージで販売されてしまっている広告サービスは余裕のある資本が無けりゃ出来ないという事でもある。

 

ネット・EC系広告について、今度詳しく書こうかな。

 

 

https://adelbelz.jp

 

 

 

 

 

即日発送のジレンマ

通常午後からその日の発送業務を行う。

 

前日18時から当日18時までの注文には即日発送をするという体制を取っている。

 

ECサイトによっては締め時間が異なる場合もあるが、18時までの即日発送はお客様への利便性を考えると、可能な限りやるべきなのでスピーディーに対応している。

 

なんとか明日までに欲しい、土日祝でも即日で欲しい、そんな要望に応えるために。むしろ僕自身もその様な事があったりするので、スピード感は重要だ。

 

こうした所も徹底する事でお客様からの信用にも繋がる。

 

しかしこれを徹底して毎日やっていると、他の事が出来ないというジレンマが発生する。ぶっちゃけこれはヨロシクない。

 

何せ現状は僕一人なので、例え打ち合わせ等で出先にいても鬼ダッシュで戻り何とか間に合わせる。

 

県外出張では商品や資材とともに移動する。なので時に荷物が鬼となる。

 

ダッシュ、ダサいワードチョイスだな。

 

明日までなんとか欲しい、というお客さんが居るならば、最大限なんとか対応したいので仕方がない。

 

ダッシュだ。

 

現代のEC戦略では、もはや翌日着はデフォルトだ。

 

ちなみに物流のアウトソースは今現在考えていない。

 

なぜなら梱包業務からデザインしてこだわりがあるので、自社でやるのが一番なのだ。

 

配達員から商品を受け取った所から、お客さん目線でデザインしている。

 

ちょっとした事ではあるが、ここを手を抜くのと抜かないのとで印象は異なる。

 

初見でガッかりするというパターンなんて一番最悪だ。

 

ディテールにこだわる。

 

らしさを追求する。

 

ほんのちょっとした事が、意思決定に影響を与える。

 

ただーし、

 

即日発送が出来ない時は頻繁に締め時間を変更しちゃっているので、そこの所はごめんなさいという感じです。

 

f:id:shingo05031016:20191004005725j:image

f:id:shingo05031016:20191004005734j:image

 

以上、ポジショントークでした。

 

 

adelbelz.jp

 

 

ポップアップ期間販売実績

先日のポップアップ販売、多くの方々にご購入頂き、ありがとうございました。

 

f:id:shingo05031016:20190929171850j:image

 

期間中売上は約950,000円。

 

今後もユーザーマッチの高い実店舗での展開は、生産ロットと原価の都合上、短期間でのポップアップ等で開催する程度かなと思います。

 

お客さんからの要望も多々あるのですが、ごめんなさい。

 

ユーザーマッチのある親和性の高い店舗で売れる自信はありますが、あくまでもプロモーション展開。

 

まだまだ常設は厳しいですね、1回やりましたが。

 

メインはECでの販売。

 

ユーザー層もリアルとECでは相関しないというのも肝かな。

 

そもそものビジネスモデルが卸で設計していないので、現状は仕方ない。

 

自社で小さなショールームでもやろうかな。

 

新規工場も探さないと。

 

問題山積み。笑

 

【Adelbelz(アデルベルツ)公式|ボクサーパンツの履き心地と機能性を解説】

 

 

f:id:shingo05031016:20190929171926j:image

 

さて、頂きます。吉野家最高。

 

 

adelbelz.jp